商品説明とロジック

トレード手法のコンセプト

 

  • 初心者でも大丈夫!図解で簡単説明
  •  

  • トレードは保有時間を抑えたスキャルピングトレード。一度の利益は多くないですが、高い勝率を実現しています。
  •  

  • リスクを極限まで削減、損切りは最大-10pipsに設定。さらにトレード途中でもこれ以上利益獲得が難しいと判断した場合は、躊躇なく損切りもしくは利益確定をおこないます。
  •  

  • 短い時間足での取引なので時間のない方でもトレードできる。
  •  

  • デイトレードでも使える。
  •  

  • 高勝率と低リスクのいいとこ取りを目指して作られた手法です。
  •  

 

 

 

ロジックの説明

移動平均線とローソク足、サポート・レジスタンスラインを使ったスキャルピングトレードです。

 

1分足のローソク足を重視して、このほか15分、1時間足、4時間足のローソク足も必ず同時に表示にして、相場の動向を探っていく。

 

この手法は、レンジをブレイクした時の動きでエントリーするのが基本です。

 

そのため、まず現在の相場が下降トレンドがなのか上昇トレンドなのか、それともトレンドのないレンジ相場であるかを確認する必要があります。

 

ボラティリティが高い相場であれば、レンジ相場になりずらく、数日間にわたってエントリー基準を満たす状況にならないこともあります。

 

レンジ相場からの動き出しを見て、サポートラインもしくはレジスタンスラインをブレイクすると、その後は、ブレイクした方向に相場が動くことが多い。

 

また、レンジ相場の期間が長ければ長いほどブレイク後のトレンドの勢いは強くなる傾向がある。

 

確実にトレンドが発生した後に、勝てる相場なのかを判断してからエントリーすることがポイントです。

 

 

 

おおよその取引頻度とポジション保有時間

取引頻度:1日おおよそ10回程度

 

1つのポジションを保有する時間:おおよそ数分から1時間程度

 

※上記はあくまでおおよその数字です。もっと多かったり少なかったり、長かったり短かったりする場合もあります。 ※最大で同時に2つのポジションを持つことがあります。

 

 

 

使用する通貨と時間足

使用する通貨:GBP/JPY(英ポンド/日本円)

 

時間足:1分足、15分、1時間足、4時間足(マニュアルでは1分足で説明)

 

Q & A

初心者ですけど大丈夫ですか?

初心者の方でも焦らずしっかり熟読していただければ問題ございません。

FX をこれから始められる方にとっても、

理解していただきやすいように心掛けました。

 

スムーズに実践トレードに移行していただけるように

詳細且つしっかりと要点を押さえてあります。

エントリーから決済まで、どれぐらいかかりますか?

使用する時間足にもよりますが、短いもので数分、

長い場合は1日程です。

トレードする時間帯は決まっていますか?

特に決まっていません。

スプレッドが低い業者などの指定はありますか?

特に指定しておりません。

ロジックは公開していますか?

はい。完全公開させていただいており、カスタマイズも可能です。

従って、どこの業者でも構いません。

順張りですか、逆張りですか?

相場の状況に合わせて、どちらも自在に使い分けます。

エントリーはどのように行いますか?

基本的に、成り行きエントリーとなります。

 

十分慣れていただければ、指値、逆指値をセットしていただくことも可能です。

損切りの指示はありますか?

はい。最小限の損失で済むように、マニュアルに載せています。

FXの経験、テクニック等必要ですか?

特に必要ありません。初心者でも十分理解、実践できる内容として配慮しています。

 

ただし全く初めての方は、デモトレードで十分慣れてから実トレードに臨むようにしてください。

特定の日時、経済指標が発表された時にしかシグナルがないのでは?

いいえ。日中から夜間にかけて、毎日発生します。

月会費など追加でかかる費用はありますか?

サポートやバージョンアップ無償配布もすべて含め、追加でかかる費用は一切ございません。

 

Q&A に疑問を解決する項目がなかった場合は、お気軽に お問い合わせ 下さい。

 

 

※画像は商品イメージです。

 

 

1億円稼ぐトレード手法

 


 

限定100部

通常価格:¥148,000

特別限定価格:  

 

 

 

 

投資に係るリスクおよび手数料について

当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。

信用取引やFXは価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、

場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。

信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります。